高い登録料を請求されるサクラサイト商法、悪徳商法の被害事例

高い登録料を請求されるサクラサイト商法、悪徳商法の被害事例

出産後は子育てに専念するために会社を退職しましたが、自分で自由に使えるお金の必要性を感じたので、内職をしたいと考えるようになりました。内職を募集している会社に問合せをしたところ、会員登録をしてくださいというメールが届きました。

高額な登録料を支払ったのに仕事がない

内職の仲介をするためには、仕事を発注してくれる会社に仕事を請け負ってくれる人の情報を出す必要があると言われたので、名前や住所、電話番号を登録しました。さらに有料会員のほうが、時給の良い仕事を紹介することができるし、仕事の幅が増えると言われたので有料の会員登録をしました。1年間仕事をすれば、登録料は返還してもらうことができるという説明だったので25万円を支払うことにしました。しかしその後、まわしてもらった仕事は月に5千円も稼げないような仕事ばかりで嫌になりました。そこで登録解除を申し出たので登録料を返金してほしいとお願いしましたが、中途解約は違約になるので全額返金はできないと言われました。詐欺にあったような気持ちになったので、弁護士に相談することにしました。

弁護士からはサクラサイト商法という典型的な手口だと言われてびっくりしました。サクラサイト商法の名前は知っていましたが、自分が被害に遭うと思っていなかったからです。