頼んでない本が送られてきたネガティブ・オプション 悪徳商法の被害事例

頼んでない本が送られてきたネガティブ・オプション 悪徳商法の被害事例

自宅の郵便受けにある日突然頼んでいない雑誌が送られてきました。タイトルを見ても聞いたことがないような感じで、不思議に思いながらも気持ちが悪いので捨ててしまいました。

捨てたらダメなネガティブ・オプション

注文もしていないのに勝手に雑誌を送ってくるのは向こうのミスだと思って、よく考えもせずに捨てることに決めました。中には雑誌の代金として請求書も入っていたのですが、頼んだわけではないので払う必要もないと思いました。しばらくすると雑誌を送ってきた業者から連絡があり、代金を支払ってくれといってきました。雑誌は頼んでもいないしもう捨てたというと、届いてから7日以内に送り返さない場合は購入したことになるといわれ結局支払ってしまいました。後で友達にこのことを話したら、弁護士に相談したほうが良かったんじゃないかといわれましたが少額のため面倒に思いしませんでした。こういう場合届いた商品はどうすればよかったのかなど、二度とネガティブ・オプションに騙されないように勉強しようと痛感しました。

ネガティブ・オプションの手口はいろいろ勝手に送り付けてくるものだそうですが、大金を支払うわけではないのでわざわざ返金してくれとまでは言いませんでした。でも今後は気をつけようと感じました。