訪問販売による悪徳商法の被害事例とは

訪問販売による悪徳商法の被害事例とは

たまに家に来る訪問販売が悪徳商法だとは一見誰も思わないでしょう。しかし、そう思うことが落とし穴でしかありません。私もそうやってなめてかかっていたのが失敗のはじまりでした。

訪問販売でだまされてしまいました。

わずか2年前のことです。家に突然、お菓子の販売をする方が訪れました。売っていたのは塩大福、ワッフルなど甘いものばかりでどれもおいしそうでした。試しに1000円ほど購入し、食べてみたところ美味しかったです。
その後、(最初の時に名刺をもらっていた関係で)その販売する人を呼んで、たんびに購入していました。そんなやりとりが半年ほど続きました。あるとき、はまっているその商品のことを友人に話すと、「それ詐欺だぞ。それらの商品ネットで安く買えるぞ。」。
という答えが返ってきました。
早速ネットを見てみると、その通りで、愕然としました。弁護士に相談して、返金してもらうかとも考えましたが、たかが数万円の被害でしたので、相談はしませんでした。しかし、悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。

こんな単純な手口で騙されてしまい、最初は非常に情けなかったです。しかし、身近に使ったり、食べたりするものほど騙されやすいし、騙すほうも手口を考えやすいのでしょうね。皆様も気をつけましょう。