自宅に来る訪問販売の悪徳商法の被害事例

自宅に来る訪問販売の悪徳商法の被害事例

自宅に来て商品のを販売することを訪問販売と言いますが、初めは違う話から商品を売りつけるという例もあります。はじめは家の中の給湯器の点検を無料で確認しますというものでした。

給湯器の訪問販売の手口

自宅に訪れてきた人が給湯器の点検に来ましたということで、近くの業者ということでしたので対応をしました。
無料で点検ということでしたので、とりあえず見てもらうことにしました。確かに知識は豊富でいろいろ見ながら説明をしてくれたのですが、年数が経過しているのでこのまま使用し続けるのは危険ということで交換したほうがよいということでした。
今の給湯器は5年ほど使用していましたので、考えさせて欲しいと伝えたところ、これを機に機能的に優れている機器に交換してはどうかと提案をもらいました。
その機器の説明を受けて最終的にまた返事をするということで話をしましたが、点検の記録にサインをして欲しいということでしたのでサインをしたところこれが契約書となっていて結局給湯器を交換することになりました。

他の業者に相談したところ給湯器は10年もつということと、取り付けたものも型遅れだったのです。早く気づいていれば弁護士に相談すると返金できる方法があり、このような訪問販売は注意が必要です。