悪徳商法の被害事例~デート商法に引っかかりました~

悪徳商法の被害事例~デート商法に引っかかりました~

婚活サイトで知り合い、とても気が合ったため何度かデートし結婚を前提に付き合い始めたいと考えるようになりました。私は結婚を意識していたし、彼からも好意がある発言は多々見られていました。しかし、数か月後「親が病気でお金がいる」と相談を持ち掛けられ、お金を彼に渡すようになっていきました。

今でもデート商法だったなんて信じられない

何度かデートを重ねていくうちに、彼から好意があるといってもらえるようになり有頂天にはなっていました。しかし、まさか彼に騙されているなんて思っていなかった私は、「親が病気でお金が必要」という端から見ればデート商法の手口そのものに何の疑いもすることなく引っかかってしまいました。数回にわたって数十万彼に渡した後、突然連絡が取れなくなるまではデート商法なんて全く気づきませんでした。連絡が取れなくなってから、いつも彼のことを相談していた友人から「詐欺だと思うよ」と言われ、ようやく弁護士に相談に行きました。でも、相談に行った時点では正直半信半疑で、どちらかというと彼のことを信じていたい気持ちが強くあまり乗り気ではありませんでした。友人の顔を立てるために行ったようなものでした。

結局、弁護士や興信所の力を借りて彼のいる場所を把握して弁護士、私、彼の3人で話し合いを持つことができました。彼から「デート商法だった」と告白されるまでは全く彼のことを疑っていませんでした。弁護士や興信所に頼んだのも返金よりも彼に戻ってきてほしさでした。今はそう思っていたことに後悔しています。