悪徳商法の被害事例原野商法の二次被害にあい測量契約代をだまされる

悪徳商法の被害事例原野商法の二次被害にあい測量契約代をだまされる

以前父親がこれからはどんどん値上がりをすると言われ、山林を購入しましたが。値上がりするどころかどんどん値下がりをするばかりなので、安くてもいいので早く山林を売り払いたいと言っていました。

原野商法の二次被害の手口に騙される

不動産会社から、山林を倍の値段で買いたいという人がいると電話がかかってきました。父親はすごく喜び売る約束をしました。しかし山林を売るためには、測量をする必要があると言われました。測量の費用は80万円かかるそうですが、父親は測量が完了した後で山林が売れれば、測量の費用は全額返金してくれるというので、すっかり不動産会社の話を信用し80万円を振り込んでしまいました。
3か月くらいたっても不動産会社からなんの音沙汰もないので、連絡をしてみたらもうすぐ交渉が成立しそうなので、あと1か月待ってほしいと言われました。1か月後にもう一度不動産会社に連絡したら、まったく連絡がとれなくなっていました。他の不動産会社に相談してみたら、それは典型的な原野商法の二次被害の手口で、完全に騙されていたことを教えてもらいました。

原野商法の二次被害に騙されていたと知った父親は、かなり落ち込んでいたので、なんとか返金できないかと思い、原野商法の二次被害に詳しい弁護士に相談してみようかと考えています。