悪徳商法の被害事例原野商法の二次被害で整地代80万円支払う

悪徳商法の被害事例原野商法の二次被害で整地代80万円支払う

この辺は将来新幹線の駅ができる予定だとなので、業者に今の10倍になるから土地を購入した方がいいと言われ購入しましたが、結局新幹線の駅はできなかったので、土地も値上がりはしませんでした。

原野商法の二次被害の手口に80万円払う

このまま土地を持っていてもどんどん値段が下がるばかりなので、そろそろ土地を売ろうかと思って業者に相談したら、今の2倍の値段で土地を買いたいという人が見つかったと言われました。それはラッキーと思い、さっそく土地を売ってもうおうとしたら、今の土地は未整備なので土地を売るためには、整備してから売らなければいけませんと言われました。
土地の整備代として80万円が必要だと言われましたが、2倍で土地が売れればそれでも利益はでると思い、80万円をすぐに支払ました。その後何か月たっても土地が売れたという連絡がなかったので、自分から業者に連絡してみました。しかし、すでに業者とは連絡が取れなくなっていて、事務所ももう移転した後でした。結局原野商法の二次被害の悪質な手口だと知ったのは、それから1週間後でした。

原野商法の二次被害にあったと知り、しばらくは何もやる気がおきませんでしたが、このまま泣き寝入りは悔しいので、これから弁護士になんとか支払ったお金を返金してもらえないか相談してみます。