悪徳商法の被害事例の原野商法で脱サラする

悪徳商法の被害事例の原野商法で脱サラする

私は、夫婦で土地を探しておりました。脱サラして、商店街でお店を開きたいと思っていたので、有望な土地を探しておりました。土地を探しているを知った友達が、知り合いのセールスマンを紹介してくれました。

原野商法の手口だったことを知り

セールスマンは、言葉巧みで、将来的には、観光が盛んな土地になるという話をされました。購入予定の客がまだ数人いるという話をされたので、迷っている暇はないと思った私は、すぐに契約に応じてしまいました。
その後、実際に行ってみたのですが、行ってみて、初めて、何もない土地だということが分かりました。インターネットでも調べてみたのですが、地が良くないため、将来的にも開発するということはないという話で、騙されたとわかりました。
弁護士にも相談したのですが、原野商法という手口だということを知り、あのセールスマンの行方をさがして返金してもらいたいと考えております。しっかりとした判断が出来なかった私も悪いかもしれませんが、契約を解除して、別な土地を購入したいと考えております。

話を聞いただけで、かなり良い土地だと思ったのですが、原野商法という手口だったことを知りとてもショックを受けました。どんなに甘い商談でも、今後はしっかりと調べたいと反省しております。