悪徳商法の被害事例に一である点検商法に遭遇して

悪徳商法の被害事例に一である点検商法に遭遇して

悪徳商法の被害事例の一つに点検商法があります。古い民家に住んでいる場合は耐震強度に問題があるため修繕が必要などと謳い高額な工事費用を支払わされるケースもあります。

点検商法の巧妙な手口

実家は一軒家の古民家で年老いた両親が2人で住んでいました。高齢の両親だけではなにかと心配していたのですが長年大切に住んできた自宅に愛着がありなにを言ってもそこから離れようとはしませんでした。そんなとき住宅会社の社員を名乗る男性が自宅を訪問してきてここ数年大きな地震が多いため無料で耐震診断を行うといった趣旨の内容を両親に伝え無料ならばと快く引き受けたそうです。そして案の定このままでは地震がきてしまったら確実につぶれてしまいますなどと両親を煽り今なら床下の補強工事を格安で施工することができると伝えてきたそうです。両親は床下の補強工事が完了すればこれまで同様自宅に住み続けることができると思い耐震金具の取り付けを許可したそうですが、知り合いの住宅リフォーム会社に工事跡を見てもらったところ耐震補強には効果がなく取り付けもずさんなものであるとのことでした。

決して安い金額ではない工事代金を請求された挙句実際はずさんな工事内容でしたので弁護士さんに返金請求できないか相談し話を進めていってもらいました。事情がよくわからない高齢者を騙して工事を請け負う点検商法には注意してください。