悪徳商法の被害事例、婚活女子を狙うデート商法

悪徳商法の被害事例、婚活女子を狙うデート商法

当時、婚活をしていた私にとって笑えない事件が起きてしまいました。デート商法という詐欺があることを知ってはいましたが、まさか自分が狙われるとは思ってもいませんでした。婚約破棄されたばかりでなくお金まで取られるなんて、信じられません。

自然なふるまいで信用させる手口

デート商法なんて、引っかかるほうがどうかしていると、それまでは思っていました。しかし実際自分のことになると、わからないものです。私の場合、相手はごく普通の人で、特に怪しいところもなく、かなり自然なふるまいで疑う余地もありませんでした。顔やスタイルもいたって標準で、かっこよくもなければおしゃれでもありません。今思うと、それが信用を得るための手口だったのだと思います。私は彼と結婚の約束をし、実際に式場へ見学にも行きました。それなのに、あっさりと連絡を断ち切られてしまったのです。貸したお金の返金も一切ありません。恥ずかしくて友人や親にも言い出せず、誰にも相談できないままいましたが、とうとう弁護士に打ち明けました。結婚はもはや諦めましたが、お金だけでも取り戻したいです。

結婚の約束をして信用させ、お金をだまし取る卑劣な人を野放しにしておけません。私以外にも被害にあっている女性がたくさんいるはずです。どうにか制裁をしてやりたいと思います。