悪徳商法の被害事例、ネガティブ・オプションに遭いました

悪徳商法の被害事例、ネガティブ・オプションに遭いました

私は悪徳商法であるネガティブ・オプションに遭いました。宅急便で覚えのない箱が届きましたが、開けずに様子を見ました。しかし、後から郵送で請求書がしつこく来ましたから、弁護士に相談しました。

支払ってはいけない、悪徳商法のやり口

ネガティブ・オプション(悪徳商法)は一つの犯罪行為です。私はそのようなトラブルに巻き込まれましたが、最後まで中身は開けなかったです。しかし、届いてから郵送で請求書がしつこかったですから、弁護士に相談しました。悪徳商法を行う人間の手口は不自然なやり方で高い金を奪おうとしますから、注意すべきです。支払ってはいないですから、返金を要求する様な状況ではなかったですが、圧力を与えてもらってから、しつこい請求書が来なくなりましたから、よかったです。無視をすると付け上がってきますから、やり返す必要はあります。その奇妙な箱は弁護士に預かってもらっていますが、現在も素性を調査している状況です。もしも、ネガティブ・オプションの臭いがしたら、すぐに専門家に相談すると、適切な対処方法を教えてくれます。

ネガティブ・オプションは犯罪行為です。手口はシンプルで、物を送って金を請求する手段です。払ってからでは返金は難しいですから、弁護士や専門家に相談して対処してもらうと良いです。