原野商法にひっかかりました。悪徳商法の被害事例

原野商法にひっかかりました。悪徳商法の被害事例

土地活用の管理会社というところから連絡があり、広告を掲載すればすぐに買い手がつくから別荘地を購入しないかといわれました。自宅に説明に来たので断れず、契約してしまいました。

価値がない土地を高値で売る原野商法

原野商法というのは聞いたことがありましたが、まさか自分がひっかかるとは思ってもいないため騙されているとは気付きませんでした。私が被害を受けた手口はまもなく駅ができるから別荘地として価値が上がり値上がりする、その前に購入しておけば大儲けができますというものです。駅ができるという話は聞いたことがありませんでしたが、パンフレットを見ると素晴らしい景観でとても気に入りました。もし売れなくても自分で住んでもいいかなと思い、つい購入してしまいました。このことを知り合いに話した時におかしいといわれ、その時初めてもしかしてと疑問を感じました。返金が可能なクーリングオフの期間は過ぎてしまっていて、頭を抱えて途方にくれました。契約するときにもっと慎重になればよかったと後悔しています。

弁護士に相談したらこういう手口で騙される人は顧客リストに載っているそうで、これからも気をつけてくださいといわれました。土地を実際の目で見て確かめたり、契約内容を吟味すればよかったと感じています。