マルチ商法と言う名の悪徳商法の被害事例

マルチ商法と言う名の悪徳商法の被害事例

会社の給料が下がったため、生活が苦しくなってきました。副業を探していましたが、ある日インターネットでできるネットワークビジネスがありましたので、申し込んでみました。

マルチ商法特有の手法や手口

私が参加したインターネットのネットワークビジネスは、初期費用が非常に安いものでした。参加をする前に一度セミナーに参加したほうが良いと言うことだったので参加していましたが、その時に、このビジネスなら絶対に成功できると言われました。その気になった私は参加料1万5千円を支払って参加することにしたのです。
その時はおそらく今までの中で1番モチベーションが高かった時です。自分もビジネスのトップリーダーのように会社を辞めて成功できると少しも疑いませんでした。
ですがそのリーダーのやり方は悪質で、リーダーの言うことを聞いてくれないとグループのメンバーから外すと脅しがあったのです。私もリーダーの言う通りにやっていきましたが、あまりにも無謀なやり方なので弁護士に相談して、返金をしてもらうようにしましたが、返金は難しいと言うことでした。結果的に大損をする前に退会したのは言うまでもありません。

私が引っかかったのはマルチ商法でしたが、マルチ商法は必ずしも良い方ではないと言う弁護士の話でしたので、がたまたま私の入ったグループが悪かっただけかもしれません。いずれにしても、この時以降おいしい話にのるのはやめようと思いました。