ネット社会で広がる悪徳商法の被害事例と内職商法

ネット社会で広がる悪徳商法の被害事例と内職商法

子供の成長によってそれまでの収入では厳しくなって仕事を探すという経験は多くの親があるでしょう。特に家にいながらできる在宅ワークは都合が良いですが始める前には注意が必要です。

稼ぎたい気持ちを利用する内職商法

パートやアルバイトをしようと思っても時間の都合などで主婦は中々雇ってもらうことができません。そんなときに自宅でできる、高収入、稼動時間は自分次第というような仕事があれば誰でも飛びつきたくなるでしょう。ネットで見つけたそのような広告に私も飛びついてしまいましたが、振り返ってみるとそれは明らかな内職商法で軽率だったとしか言えません。
早速その広告主と連絡をとると仕事を行うための機材を購入してもらわなければならないと言われ、その時は断ろうと思いましたが毎月10万円以上の収入が期待できるのですぐに機材代は取り返せるという業者の巧みな言葉で契約してしまいました。
その後は収入どころか仕事すらない日々が続き、3ヶ月目にようやく騙されたと気付きすぐに弁護士に相談しました。よくある内職商法の手口らしく、返金を求めても住所などは架空のものなので難しいという弁護士の言葉に肩を落としました。

実際に在宅ワークは探せば沢山あります。ですが在宅ワークで高収入を得るのは簡単なことではありません。探している中ですぐに稼げるというような甘い言葉や初期投資が必要という仕事には疑いの目を持つことが大切です。